かめ

最近の青汁はとても飲みやすいです。
子供でも飲みやすいので、年齢に関係なく口にできます。
お子様には青汁の粉末をおやつに混ぜてみる人もいます。
これなら青汁でも気にせずに食べてくれるからです。
青汁を緑茶に入れて飲んでいる、という人もいます。
青汁とミルクを混ぜて抹茶ミルクのように子供に飲ませている人もいます。
そのまま飲んでもいいし、おやつに工夫してもいいのです。
野菜をなかなか食べることができない人には強い味方になります。

乾燥

梅干しには色々な効能と効果があります。
二日酔いには梅干し一個を食べたり、お湯の中にいれてほぐして飲むなどで効果があります。
また、整腸作用があり、殺菌作用もあります。
風邪のときに梅のおかゆなどはとてもいいといわれています。
家でおいしい梅干しを作るときには完熟した梅を用意することです。
梅と粗塩、殺菌した保存容器とビニール袋で充分です。
このとき梅はきちんとヘタの部分をひとつずつとっておきます。
保存容器に粗塩と交互に入れておき、その後干してできあがります。

つるす

干し柿を作るときには必ず渋柿を使います。
甘柿よりも渋柿の方が糖分が多いので、干して乾燥させるととても甘くておいしくなります。
干し柿を作るときには一度お湯に5秒ほど通してから干すとカビがはえにくくなります。
風通しのいい日当たりで干してじっくりと乾燥させておきます。
一週間ほどして表皮がかたくなったら手でもんで柔らかくします。
繰り返して数日置きに手でもむことで中が渋いままというのを防ぐことができるのです。